訪問者数

 ようこそ841332
公益財団法人                                                                                  
 

▶ 市町村関係

 

 
投稿情報 >> 記事詳細

2018/11/11

徳島県シルバー大学校徳島校OB会文化祭

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

平成30年度徳島県シルバー大学校
       徳島校OB会文化祭

開催日:平成30年11月8日(木) 午前10時~午後4時
会場:あわぎんホール 4F大会議室

今回は残念ながら大ホールを借りる事が出来ず4F大会議室での開催となりましたが、文化祭当日は、晴れ渡った好天に恵まれ会員353名が集い盛大な長寿祝式典と芸能祭並びに作品展が開催されました。


                    《長寿者祝賀式典》

式典は、脇川会長の挨拶で開催され長寿者56名の皆様へ長寿祝状と祝品が贈呈されました

◆会長挨拶 脇川会長

 

 

 

 


 本日は平成最後の文化祭です。午前の式典では56人の喜寿、米寿の方達をお祝いします。

午後からは仲間たちが日ごろ磨いた腕前を披露する芸能大会とお楽しみ抽選会があります。又特別展示室では会員の皆様の力作が多数展示されております。

世は正に長寿社会ですが、シニア世代が元気になれば日本が、地域が元気になると確信しております。

 健康寿命を延ばすためには孤独が一番の大敵と言うデータも出ており、近所の方にシルバー

大学校への入学を勧めるボランティアが必要だと思われます。

 最後になりますが、本日の文化祭がOB会の益々の発展の契機になることを祈念しまして開会の挨拶とします。


◆米寿祝 受賞者=13名

13期多田タケミ様・13期森貴美子さま・14期中原カツエ様・15期山田政子様・16期山本由利子様・17期東野安夫様・19期丸石清子様・20期戸川喜久子様・22期酒井都志子様・22期板東春雄様・29期平野明彦様・32期阿部久様・32期高橋康生様に対し、脇川会長よりお一人おひとりに長寿祝状と祝品が贈呈されました。


◆喜寿祝 受賞者=43名

続いて喜寿の43名の御芳名を披露のあと、代表の31期後藤和之様に脇川会長から長寿祝状と祝品が贈呈されました。


◆長寿者代表の謝辞



 本日は私どもの為に、このように盛大な「米寿の祝」を企画していただきまして、大変うれしく思っております。ありがとうございました。 昭和5年、6年生まれの私たちは、世界的な最低の社会から、最高の社会まで這い上がった日本の実情をたっぷり体験して参りました。              

 そこで実感していることは、「日本人に生まれて良かった。」という事です。表現の仕方を変えますと、「世界で一番幸せな人生を味わってきた民族であり世代である」ことに誇りを持つことが出来ます。          そんな私たちが今、88才になりました最近では、「人生100年」が常識のように言われる時代になっている。とは言え、そろそろ心の準備は必要と心得ています。

 そこで私たちは、時には「誇らしい88才」として自信を持ちます。時には「苦しい88才」として病魔と闘います。時には「淋しい88才」として先立った者を弔います。時には「うれしい88才」として曾孫と遊んでやります。時には「楽しい88才」として好きな事をします。何しろ、自由時間はたっぷりあるからです。      でも、今日一日は、そんなことはみんな忘れて、「喜びの88才」として、皆さんのご厚意に感謝しながら過ごしたいと思っています。最後に「次回は、白寿を目指して~頑張ります。」と長寿の皆様を代表して32期高橋康生様から心に響く感謝の言葉を頂きました。


◆閉式のことば・・・友成副会長

◆記念写真撮影







                     《長寿者祝賀行事》

◆祝舞「宝船」を32期阿部久様・24期阿部千恵子様


◆祝舞「道ひとすじ」を32期仁義幸代様

 


◆昼食(各自自由)休憩  11:00~13:00

 

                              《芸能発表会(一部)》

 

30期川原幹事の司会により、民踊「大江戸音頭」に始まりフラダンス・カラオケ・朗読・歌・踊り等熱演され日頃の練習成果を発表されました。




 

 

                    《芸能発表会(二部)》

32期仁義文書部員の司会で カラオケ・民踊・フラダンス・コーラス・ハーモニカ・社交ダンス等多彩な演技が続き最後は阿波踊りで客席の会員も舞台に踊り込み乱舞する等、最高の盛り上がりで終演を迎えました。







                      《お楽しみ抽選会》

5等50本の抽選から始まり、4等30本、3等10本、2等7本、1等2本、特等1本の抽選は、ワクワクと楽しそうな会員の皆様の熱い視線を集めて行われ、喜びの声を客席のあちらこちらに聞きながら合計100本の抽選が終わりました。






《作品展》

水墨画・洋画あわせて8点、写真13点、和紙ちぎり絵5点、陶芸5点、絵手紙3点(25名☓2・2名)、切り込みパッチワーク3点、木彫り・手芸・籐籠・さをり織り・〆め縄、合わせ6点、合計43点の展示作品はプロ顔負けの素晴らしい力作で、どれも見応えのあるものでした。会場を訪れた来場者のため息や称賛の言葉で溢れ、一日という短い展示期間を惜しむ声が聞かれました。





                                         写真:32期常陸 記:30期吉田

 


19:44 | 文化祭