訪問者数

 ようこそ769889
公益財団法人                                                                                  
 

▶ 市町村関係

 

 
投稿情報 >> 記事詳細

2019/03/22

講話「マナーあるコミュニケーション」~相手に寄り添う話し方~

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

講話『マナーあるコミュニケーション』

~相手に寄り添う話し方~



開催日:平成31 319日(火) 10時~12

場所:徳島県立総合福祉センター 5階 ホール    

講師:川道 映里 先生



 

 金融機関を退職された後「マナーコンサルタント」の資格を取得し、全国の行政機関、大企業、各種学校などで、マナー講座を実施されドラマのマナー指導やメディアの連載などでも大活躍されておられました。現在は徳島文理大学 短期大学部 商科の講師として活躍されておられます。

講話内容

講話『マナーあるコミュニケーション』

~相手に寄り添う話し方~

マナーとは何 ? ( 相手の立場に立つ事 ) ・ 漢字で表すと ? ( 礼儀(思いやりの心) )

●普段どのようなことを意識しているか ------ ポイントは目

    1表情が大切( 相手に寄り添った表情を心がける 笑顔になるものです )

     ・内面(心)が外面(顔)に表れた様子  ( 顔つき ⇒ 変えられる )

                                            

  2身だしなみ( 第一印象は35秒で決まる ・ 相手中心、相手に安心感を与える )

                                                               

    

 

  ◎靴の格付け( 相手に対する配慮 )


             
・女 性                                                        ・男 性 
   ① パンプス(かかと つま先が隠れている)  ① ストレートチップスタイル

     ② オープントゥ(つま先が開いている)           ② パンチドキャップトゥスタイル(幅が広い)

     ③ バックベルト(かかとが開いている)          ③ プレイントゥスタイル(飾りがないシンプル)

     ④ サンダル                                               ④ ウィングチップ・スタイル

                                                                  ⑤ モンクストラップ・スタイル(ベルトタイプ)

                  

           

  ◎ワイシャツの衿

      ・ボタンダウンでなくボタンの付いてないワイシャツがお勧め(ネクタイが必要)

  ◎ジャケット(ポケット フラップ)-------  ・(室内)入れる  ・(屋外)出す

             

  ◎似合う色の見分け方(好きな色と似合う色は違う)

       ・鏡の前で、ネクタイや口紅を付け、目に視線がいけば、その色は似合っている色です


3言葉づかい(敬語)------- (人によって話し方をかえていく、相手に合わせて変えていく)

 

  ・間違えやすい日本語 (本来の意味を知っておく)

       ィ、破天荒 (最大の誉め言葉)-------今まで誰も出来なかったことを成し遂げる事

            

       ㇿ、潮時-------一番いい時期、物事を行うのに最も良い時期

           

       ㇵ、失笑-------おかしさのあまり噴き出す

           

       ニ、役不足-------能力に対して役目が軽すぎる

      

       ㇹ、姑息-------その場しのぎの対応をする事

          

 ・電話中のチェック-------鏡を置いて自分の表情をチェック(明るくなる)

        

 ・相手に言われてうれしい言葉は何?-------有難う・優しい・若々しい・頑張り屋さん

       

  ・言葉を言い換えてみる  (マイナスの言葉をプラスの言葉に言い換える)

      *飽きっぽい  ( 切り替えが早い)   * 緊張感がない  (肩の力が抜けている)

      *計画性がない (行動力がある)    *優柔不断  ( 思慮深い・よく考えている)

      *疲れた (今日も一日よく頑張った) *頑張ってね  (応援しています)  

                    

 ・ラポールを築きやすくするための3つの技法 (信頼関係をスムーズに築く)

             ①  バックトラッキング (話すよりも聞くほうが大切)

             ②  ペーシング (相手の呼吸・声の高低・話すスピードに合わせて返す)

             ③  ミラーリング (鏡のようにまねて相手に好感を与える、普段から相手を観察)

               

●マナーコミュニケーション

    ・ハンバーガー話法  (一番言いたい言葉をはさんで言う)

         上のパン          ⇒    出来ていることを褒める(感謝)

         ハンバーガーの具  ⇒     指摘、注意

         下のパン          ⇒    励ます(期待の言葉を添える)

    ・あとよし言葉を活用しよう  (プラス面を最後に持ってくる)


  先生のお話は、マナーについて、はっきり、丁寧に実践を交えたものでした。

マナーとは、相手を意識し相手の立場に立って配慮し接することが大切、特に表情(笑顔)・身出しなみ、言葉づかいなど、常に人と人との中で生活していく上で一番大切な事を、思い起こさせて頂いた講演でした。齢を重ねた今、毎日を経験と常識で生活しておりました私にとって、久しぶりに若い時に戻った気分で、聞かせて頂きました。


今回の参加者   157

*********************

次回講話  平成3143日(水)

講話『だれでもわかる認知症の診断と治療』
 講師  医学博士  七條  文雄先生

                                      

皆さんのご参加をお待ちしています

                                                                                 写真32期:常陸   記30期 :吉田


14:35 | 講演