訪問者数

 ようこそ769883
公益財団法人                                                                                  
 

▶ 市町村関係

 

 
投稿情報 >> 記事詳細

2019/04/05

だれでもわかる認知症の診断と治療

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

講話『だれでもわかる認知症の診断と治療』


開催日:平成3143日(水)   10時~12

場所:徳島県立総合福祉センター 5階 ホール
    

講師:鈴江病院 脳神経外科 七條文雄 先生

略      歴

 

 昭和45年 徳島県立城南高等学校卒業

 昭和51年 徳島大学医学部 医学科卒業

 卒業後、徳島大学医員を経て、小松島赤十字病院・徳島市民病院・徳島大学助手医学部
  付属病院【脳神経外科】での貴重な経験を生かして、その後カナダ「トロント大学」に留学,
  帰国後【脳神経外科】のエキスパートとして活躍されておられます。

 

  

講話内容

 

 

1.認知症とは-----一旦正常に発達した知能が何らかの後天的な障害により知能が低下し,日常
                           生活動作や遂行能力に支障をきたした状態。

 

2.認知症有病率等調査結果-----65才以上の高齢者では、15%が認知症(7人に一人)

                        13%が認知障害(MCI)1年に12%が認知症になると言われる。

 

3.認知症の種類は、大きく分けて4つに分類でき、脳の位置(機能)の障害によって分かれる。

   ①  アルツハイマー型認知症----昔の事は良く覚えていますが、最近の事は忘れてしまいます。

                       軽度の物忘れから徐々に進行し、やがて時間や場所の感覚が
                                                  なくなっていきます。

   ②  レビー小体型認知症-----現実には無いものが見える幻視や手足が震えたり、筋肉が硬く
                                              なり転びやすくなる。

   ③  前頭側頭葉型認知症(ピック病)-----感情の抑制が利かなくなり。社会のルールを守れな
                                                             くなる。

   ④  ()血管性認知症-----現在の年月や時刻、自分がどこにいるかなど基本的な状況把握が
                                          でき なくなる。

 
 

 

4.認知症の治療について-----特にバリデーション療法については、効果があると
                                             言われています。

   ①  行動に焦点を当てた療法------個別対応・環境調整

   ②  感情に焦点を当てた療法------回想法・バリデーション療法・ユマニチュード

   ③  刺激に焦点を当てた療法------音楽療法・芸術療法・ペット療法・園芸療法

   バリデーション療法------コミュニケーションの方法の一つで、お年寄りの気持ちに
                                         共感し、その人の価値を認め、力づけ、そのまま受け止め
                                         ることで、互いに気持ちを 通わせることが出来る。認知症
                                         老人に見られる問題や不安定な感情

                                         の改善に有意義だとされている

  

 

 5.認知症の予防方法

         ①  知的活動・運動(週に2330分以上)----社会活動参加及び適当な運動など
                                                                       健康管理が重要。

         ②  食事・アルコール(日本酒1合未満)

         ③  降圧薬(アスピリンなどの鎮痛剤)----高血圧等適正に薬の服用により促進因子を
                                                               減少させる。

         ④  歯でしっかり噛むこと----認知機能が良くなる。



 

  2時間をフルに身近な問題「認知症」について、ご講演をいだきました。

 参加者の中には患者として先生にお世話になっていた会員さんも何人かおいでるとの事、
年齢的にも皆さん気になる演題だけに熱心に耳を傾けていました。

やはり、生活習慣病と共に「認知症」についても十分知識をもって、向き合う事がいかに大切か

再認識し、これからの人生、明るく楽しく元気に過ごしていきたいと思いました。



 

今回の参加者  207名

*********************

次回講話  令和元年5月7日(火)

講話『専門用語を使わない 相続・遺言講座』

講師  日本相続知財センター 徳島支部 

理事  小谷 長子先生

                                 皆さんのご参加をお待ちしています。

                                                                                写真32期:常陸   記30期 :吉田


20:10 | 講演