投稿情報 >> 記事詳細

2020/09/10

講話「~知って得する防災雑学~」

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1


『~知って得する防災雑学‼~

開催日:令和2年9月9日(水) 10時~12

  場所:徳島県立総合福祉センター5階 ホール
    

講師:徳島県 危機管理環境部 防災人材育成センター

     活動推進員 工藤くどう 素子 もとこ先生 


  



 講 師 紹 介
 
小松島市在住、県 危機管理環境部 防災人材育成センター
活動推進員として活躍されています。



講 話 内 容

 

 主婦の視点から見た、だれでも簡単に、今日からできる防災術について、解り易いお話で役立つ内容でした。

① 前半は、『命を守る 5つのグッズ』について

② 後半は、『目からウロコの防災雑学』について


1.災害時、生き残るのは“運”でなく、少しの準備と知識です
  • 事前に、1000円札と500円硬貨準備しておく。
    ガソリンスタンド・コンビニでは、お釣りのいらない商品を販売する。

  • 5つのグッズをいつも持ち歩けるようにする。
    ①ホイッスル ②LEDヘッドライト ③ マスク ④ 携帯トイ レ ⑤ ビニール袋
   (持ち歩く防災グッズは“水・非常食・懐中電灯”などでは無い)

2.目からウロコの防災雑学

 
 押しピンで穴をあけたキャップを持ち歩いて、災害時のペットボトルシャワーとして使用する。また、水を入れ太陽の熱で温めて湯たんぽにもなる。ビニール袋はバケツにしいて、飲み水を運ぶこともできる。等々興味深いお話しでした。

  • 災害時、公助(国・市町村の支援)は期待できない。(目からウロコ)

       自助が7割 ・・・・・・・自分・家族での準備
       地域・近隣の共助が
2割・・近所との協力、日頃の繋がりの大切さ
       公助は1割・・・・・・・・避難所など
  一人一人が、普段から防災・減災への関心や意識を高めることの大切さを教えていただき、得ることの多い 防災の月・今月の講演会となりました。



次回講話 令和 2年 10月8日 (木)

 『笑って脳トレを!』 皆さん一緒に楽しく!!

   場所:あわぎんホール4F会議室
時間:9時30分~11時30分

皆さんのご参加をお待ちしています。 

 

写真:32期 常陸  資料:35期 小川  記:31期 蔭山
 


13:35