投稿情報
12345
2021/01/18

講話『母国の生活・習慣と徳島に住み感じたこと

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

      講話 『母国の生活・習慣と徳島に住み感じたこと』

開催日: 令和3114日(木) 930分~

              場 所: あわぎんホール4階大会議室

             講 師: アパルナ・マタレ先生

             イ・ヨナン先生




講師 プロフィール 紹 介


アパルナ・マタレ先生

         『アパルナ マタレ』先生は、インド中央部のご出身です。

 2007年に日本へ来日され、徳島には14年間暮らしておられます。移住のきっかけは、アパレルさんのご主人の徳島大学への留学でした。現在、ご主人は徳島大学で准教授をされています。

アパルナさんは、日々お二人のお子様の子育てをされながら、「ヨガ講師」としてもご活躍をされています。

講 話 内 容

Ø インドについて








インドの国旗はサフラン(オレンジ)、白、緑の三色旗で、中央には「アショーカ・チャクラ」という紋章を配しています。 

サフランはヒンズー教、白は平和、そして緑はイスラム教を表しており、ショーカ・チャクラは仏教の法(ダルマ)を意味するものです。この国旗には3つの宗教が象徴されています。


Ø インドというと何を思い浮かべますか?

ヒマラヤ・ガンジス川・ヨガ・仏教等の声があがりました。

Ø  国花は蓮、獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャクです。


Ø インドの文化について

u人口の65% ヒンズー教(牛肉・豚肉は食べない)  
       25% イスラム教(「ハラーム」豚肉は食べず、・酒は飲まない)
        
 10% 仏教 他                                        

uシック教(髪の毛と髭を切らず、頭にターバンを着用する習慣がある。

uインド舞踊は神様のためにお寺で踊る。

uインド女性の定番ファッションである色鮮やかなサリーは、長さのある1枚の布で体を包むように着用します。



  

Ø 
日本とインドの違い

uインド人の平均寿命は65歳ぐらいと日本に比べて決して高くありませんが、それは医療・空気・食事が関係しているようです。

u日本人は箸、インドでは右手で食べます。

uインドの各家庭では100種類ぐらいのスパイスを作ります。

u都会以外は大家族で生活しています。

 

Ø 来日してビックリしたこと

u魚を生で食べる。

u自動販売機で飲み物・食べ物・米などが買える。

u温泉に裸で入る。

u電車が時間通りに来る。そして規律正しく順番が守れる。

uカレーが甘い。

u母国では見たことがなかった牛肉・豚肉が日本では豊富に売られている。


講師 プロフィール 紹 介



イ・ヨナン先生

『イ・ヨナン』先生は
 韓国のソウルご出身で、2003年に来日されました。
 徳島はご主人のお母様の故郷だそうです。現在、お二人のお子様と共に、韓国語の講師や通訳・翻訳をされており現在、四国大学と徳島カルチャーなどで講師を務めていらっしゃいます。

Ø  大韓民国(だいかんみんこく)

共和制国家。首都はソウル特別市冷戦で誕生した分断国家のひとつです。

高松空港から1時間余りの隣国です。

u  国土の面積は約10万km²で日本の1/4ほどの広さです。

u  人口は5.117万人で日本の約4割ですが、国民の約半数がソウル都市圏に住んでいます。

そしてソウルでは65歳以上の高齢者人口が非常に少ないのが実情です。

u 韓国の国旗


 韓国の国旗は「太極旗」とも言われており、それは、中央の円が太極(宇宙)を表しているからです。青色が陰、赤色が陽を表し、すべてのものが、男と女、善と悪、太陽と月のように相反するものによって調和して統一するとされています。

そして、太極を囲むように、旗の四隅には易の卦(け)が配置されており、よく見るとそれぞれ異なっています。八卦のうち乾(けん)・坤(こん)・離(り)・坎(かん)の四卦が、それぞれ乾=天坤=地、離=火、坎=水を象徴したデザインで、太極を中心に統一の調和を成しています

Ø  国花はムングファ(ムクゲ)     

                                                       

Ø  国技はテコンドーです。

Ø  観光地
観光地はソウルとその周辺に集中していて、日本語の観光案内が充実しています。

代表的な街としては「明洞(ミョンドン)」・「景福宮(キョンボックン)
  
西村マ ウル」仁寺洞・南山ソウルタワーなどがあります。
u「明洞(ミョンドン)」

巨大ショッピング都市として知られている街です。各種ブランド店、百貨店、コスメショップなどが集まる流行の中心地で、衣類や靴、アクセサリーなど、様々な商品が並んでいます。

※屋台が多くお腹をこわすので要注意

u「景福宮(キョンボックン)・西村マウル」

景福宮は朝鮮王朝の正宮として約600年の歴史があり、ソウルの「五大宮」のひとつとして知られています

u仁寺洞

メインストリートには伝統工芸品や伝統茶屋が集まり、路地裏には韓定食店やマッコリが飲める居酒屋があります。

u南山ソウルタワー

ソウル市内を一望できます。

トイレがガラス張りだそうです。是非体験してみてください。

Ø  食べ物

uビビンバはじめ日本でおなじみの韓国料理です。

韓国では毎日三食キムチを食べます。

キムチの種類は100種類以上あり毎年11月ごろに作ります。

uお餅も子供が生まれて100日の餅、お正月のお餅、お引越しのご挨拶や

お盆に食べる餅など多様です。

u大変な思いをして生んでくれた母に感謝の思いを伝えるためにお誕生日にはわかめスープを飲みます。
わかめは体をきれいにしてくれると言い伝えられているようです。

 韓国の民族衣装 『チマ チョゴリ

 

令和3年はじめての講話をあわぎんホールで行いました。

 外国人講師のユーモアをまじえた雄弁な語り口に感心致しました。色鮮やかなサリーやチマ チョゴリを試着したり、挨拶の言葉などそれぞれの国の文化・風習を教えていただきました。

いつか両国へ旅行をする機会がありましたら、本講義で習得した知識をいかして見聞を広めたいと思います。



次回は 24日(木)AM9:30 あわぎんホール4F大会議室

映画『最高の人生の見つけ方』 主演吉永小百合 天海祐希

 
多勢のご参加をお待ちしております。

 

   写真:32期 常陸   記:31期 蔭山


14:35
2020/12/21

講話「高齢者が知っておくべき人権について」

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

講話『「高齢者が知っておくべき人権について』

開催日:令和21215日(火) 930分~
             場  所:あわぎんホール4階大会議室 

講師:あいぽーと徳島

 福田 邦孝 先生



 
福田 邦孝 講師 プロフィール紹 介

  阿波市吉野町にお住いの福田(ふくだ) (くに)(たか)先生2008年度から徳島県人権問題講師として、現在も大活躍をされております。

Ø  1971年から、37年間 高校の教員として、教鞭を執られ

Ø  2008年から 徳島県人権啓発推進員として、5年間務められ

Ø  2,013年から 北島町社会教育指導員として、 7年間務められています。


講 話 内 容

人権問題について考える

             1. 性的マイノリティ(少数派)ついて

             2.新型コロナウイルスについて

             3 .情報化社会の諸々の問題点と今後の課題

             4. 人と皮革の歴史


 


1.性的マイノリティ(少数派)ついて

1.性的マイノリティ(少数派)とは

l  マイノリティとはレズビアン(女性の同性愛者)、ゲイ(男性の同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(心の性別と体の性別が違う人、性別に違和感をもつ人)などの方々の総称として使われています。LGBTというのはこれらの言葉の頭文字をとった言葉で、性的マイノリティと同じ意味合いで使用されることが多い。

l  性的マイノリティはそのほかにもQ(クエスチョンニング)A(アセクシュアル)X(エックスゼンダー)など性は多様です。

 

2)性の多様性を3要素でまとめると・・・

 l  「〇〇種類ある」というようにはっきりと決めることはできません。

3)性の多様性に関する地方自治体の動向

l  同性パートナーシップ制度がある自治体

徳島県  徳島市 202041日導入

 

性の多様性に関しての知識の無さを強く感じるお話しでした。

今はまだ性的マイノリティを身近な存在として感じたことのある人は、あまり多くはないかもしれません。けれども最近では、テレビ・新聞などのメディアで「同性パートナーシップ制度」とか「性的マイノリティ」「LGBT」などの言葉を聞くことが増えてきました。性の多様性を知ること、理解することにより「LGBT」当事者がカミングアウトしやすい環境つくりが必要だと感じました。

 

2.新型コロナウイルスについて

(1)  コロナ感染症拡大による差別と偏見への対応

新型コロナウイルス感染症に関する問題5領域“人権侵害”“差別”“教育”“経済”“医療福祉”についてのお話がありました。

感染者だけでなく感染者の家族・感染の疑いをかけられた人・感染者が出た職場や学校等・運送業関係者・医療従事者、関係者、家族・中国や海外にルーツのある人など海外ではヘイトクライムも起きている。

 

2)コロナ後の課題

   新型コロナウイルスには3つの感染症という顔があります。「病気」「不安」「差別」はつながって、私たちの生活に影響を及ぼしています。

   感染症の差別的扱いや言動は人権問題です。決して許されるものではありません。
   この負のスパイラルを断ち切ることが大事です。

3.情報化社会の諸々の問題点と今後の課題

   スマホ依存から子どもをどう守るか

   コンピュータの両刃の剣(スマートシティとプライバシー保護)

   インターネット上の誹謗・中傷に関する総合的な対策発信者情報開示に関する取組等

重大な人権侵害事案において名誉棄損、プライバシー侵害等に該当する場合で、削除が相当であると認められる場合に迅速な削除等の対応が行われる環境を整備するとしている。

4.人と皮革の歴史

 光(  こう)(にん)天皇(7808月)牢固で耐久性のある甲胄の製革を命じた。

その後、武具を必要とする戦国大名は皮革の製造として屋敷を与え手厚く保護し上納を義務付けた。戦国期が終わると部落は、これまでの清掃や刑吏・警察の仕事に加えて皮革製造の仕事も位置づけられるようになった。 

   

DVDを使用して解説がありました。

「河原者」とは「皮鞣し工程」や『皮干場』として川の水と河原、土手が必要であったことで河原周辺に住み着いた専門職人のことです。

また一部没落した人々が河原で、屠畜・皮革集団に入ってきたことはあると思うが、もともと仕事に適した河原の側に居住していた皮革業者が、差別が強まるなかで「河原者」と呼ばれ差別をされるようになったという歴史を知ることが出来ました。

²「鞣(なめ)し」:皮の腐敗しやすい脂を除き柔らかくする方法
 「膠(にかわ)」:動物の皮や骨・腱などのコラーゲンに熱を加えて抽出したものです。

 私たちの生活に欠かすことのできない、接着剤として楽器・建築・日本画の画材に、またフイルム・食品・医薬品・化粧品として使用されていることなど知らなかった事柄を聴くことが出来ました。

検温・アルコール消毒を徹底し、椅子の間隔を保ち、

全員マスク着用での安全に後援会うをおこなっています。 

 

今回は、急に寒さが厳しくなったこともあって、参加者が82名とこれまでより少なく残念でしたが、有意義な講演会でありました。

   次回2021年1月14日(木)阿波銀ホール4階大会議室 AM9時30分~

『母国の生活・習慣と徳島に住み感じたこと』
イ・ヨナン(韓国) アパルナ・マタレ(インド)
お二人のお話をお伺いいたします。
多勢
のご参加をお待ちしております。

写真:32期 常陸  記:31期 蔭山


 


22:20
2020/10/10

「笑って脳トレを!」皆さん一緒に楽しく

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

講話『「笑って脳トレを!」皆さん一緒に楽しく』


           開催日:令和2108日(木) 930分~11時30分 
場 所:あわぎんホール4階大会議室

講師:お笑い福祉士
大塚 晴之 先生



大塚 晴之 講師 プロフィール紹 介

Ø  昭和27年12月31日生まれ、67歳

Ø  愛媛大学を卒業後、徳島県庁に入

Ø  定年退職後、阿波市青少年育成センター所長などを歴任

Ø  現在は、阿波市教育振興計画審議会委員

 阿波市教育振興計画審議会委員を務められながら、お笑い福祉士として、スポーツ少年団コーチなどのボランティア活動を行われております。



講  話  内  容


Ø  お笑い川柳18歳と81歳の違い』

Ø  『和顔愛語』話すより人の話しを、穏やかな顔をして黙って聞くことの大切さ。

Ø  ありがとう(有り難い)の反対語は、あたりまえ(有り易い)との話などに感心させられました。

Ø  外に出ましょう。

 教育がある⇒今日行くところがある。 教養がある⇒今日用事がある 。



講話の間に、『マジック』の数々に驚かされながらも、話に引き込まれました。



腹話術のお人形を使った、クイズも笑いながら、回答を聞き楽しめました。


 


Ø  昔話しも、『桃太郎』『鶴の恩返し』『花咲じじい』を大笑いで聞き、納得をしました。

Ø  コミュニケーションには、『ふへほ』と息を吐きながら聞く。

  フーン! ヘー! ホー!と、相槌を打ちながら聞く。

Ø  『さしすせそ』と言う事の大切さ、「さすが」「しらなかった」「すばらしい」「センスが良い」「そうなんだ」をこれからの会話に取り入れ、聞き上手になる努力をしようと思いました。

Ø  『3カン王』:カンシン・カンドウ・カンシャが何事にも大事。

Ø  『あおいくま』:「あわてない」「おこらない」「いばらない」「くやまない」「まけない」を毎日の生活の心がけとして持つことの大切さを教えていただきました。




 コロナウイルス感染症の影響を受けて、自粛生活で閉塞感の強い毎日を送って居りますが、健康には笑顔、笑いが大切であるとのお話は非常に興味深い内容でした。そして笑い声の絶えない講話となりました。大声で笑い、ストレス解消になる楽しい時間を過ごすことが出来ました。



コロナ禍による新生活様式のなか密を避けるため、あわぎんホール4階大会議室に場所を移動して、検温・アルコール消毒を徹底し、椅子の間隔を保ち、全員マスク、フェイスシールド着用での講演会になりました。

今回は120名参加、笑い声と笑顔に溢れた大変楽しく有意義な2時間となりました。

 

次回11月16日、多勢のご参加をお待ちしております。

 

 

写真:32期 常陸  資料:35期 小川  記:31期 蔭山


16:26
2020/10/04

四国水族館等研修旅行

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

『四国水族館・東山魁夷せとうち美術館 日帰り研修旅行 

研修日:令和2929日(火)

 ◆行  程

徳島駅前(8:30発)⇒松茂とくとくターミナル(9:00)⇒鳴門IC 高松道⇒津田の松原SA(小休)⇒坂出IC四国水族館(鑑賞)ホテルアネシス瀬戸大橋(昼食)東山魁夷せとうち美術館(鑑賞)坂出IC⇒津田の松原SA(小休)⇒鳴門IC⇒松茂とくとくターミナル⇒徳島駅前(着)


 

肌寒く感じられる朝でしたが、日中には気温も上がり秋晴れの清々しい一日でした。

徳島駅前を8:30、松茂とくとくターミナルを9:00に51名で元気に出発しました。

Ø 四国水族館

四国水族館(香川県宇多津町)は新型コロナウイルスの影響で開業が遅れ、

2020年6月1日に本格的な開業となりました。

  


 水族館の数を調べてみました。大小合わせると、現在、全国に約150の水族館があります。ちなみに世界中では約400施設と言われていますので、地球上にある水族館の4割近くがわが国に集中していることになります。

 さて、今回のお目当て「四国水族館」は、四国最大級の次世代水族館と銘打ちオープンしました。同館は宇多津町の塩をイメージした白基調のおしゃれな外観です。


 400
種の水に棲む生物が展示されています。そして単なる生物展示にとどまらず、四国の文化やそこに暮らす人の営みと共にある環境を水槽内で表現したいという奥深い意図があるようです。鳴門海峡の厳しい生息環境を伝える「渦潮の景」、瀬戸内海をバックにマダライルカが跳びはねる「海豚(いるか)プール」など多彩な「四国水景」を表しています。


      

                          
    

Ø ホテルアネシス瀬戸大橋(昼食)

豪華なランチに大満足


Ø  香川県立 東山魁夷せとうち美術館(秋の特別展)

東山魁夷(ひがしやまかいい)

 本名:東山新吉(ひがしやましんきち)

 出身:神奈川県横浜市生まれ。

 1908年(明治41年)78日―1999年(平成11年)56日死去
 日本の画家、版画家、著述家 
文化勲章受章者

昭和を代表する日本画家の一人で風景画の分野では国民的画家と言われる


   

 東山魁夷画伯の祖父は坂出市の出身だそうです。これが縁で東山すみ夫人より版画作品270点余の寄贈を受けた香川県では、これら作品を広く一般に鑑賞してもらうことを目的として、本美術館を整備したとのことです。

 20054月に開館した同館は、画伯が提案したとされるライトグレー色の瀬戸大橋が眼前に広がる素晴らしい景色に恵まれています。
訪れた人の心を癒やし、憩いの場になるに違いないと感じました。

 コロナ禍の中、危ぶまれた日帰り研修旅行でしたが、体温チェック、手指消毒、マスク、フェイスシールドを着用、会話もできる限り控えての「新しい旅のエチケット」を守り、久しぶりの研修旅行を楽しみました。

 

写真;美馬   記;蔭山


22:04
2020/09/10

講話「~知って得する防災雑学~」

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1


『~知って得する防災雑学‼~

開催日:令和2年9月9日(水) 10時~12

  場所:徳島県立総合福祉センター5階 ホール
    

講師:徳島県 危機管理環境部 防災人材育成センター

     活動推進員 工藤くどう 素子 もとこ先生 


  



 講 師 紹 介
 
小松島市在住、県 危機管理環境部 防災人材育成センター
活動推進員として活躍されています。



講 話 内 容

 

 主婦の視点から見た、だれでも簡単に、今日からできる防災術について、解り易いお話で役立つ内容でした。

① 前半は、『命を守る 5つのグッズ』について

② 後半は、『目からウロコの防災雑学』について


1.災害時、生き残るのは“運”でなく、少しの準備と知識です
  • 事前に、1000円札と500円硬貨準備しておく。
    ガソリンスタンド・コンビニでは、お釣りのいらない商品を販売する。

  • 5つのグッズをいつも持ち歩けるようにする。
    ①ホイッスル ②LEDヘッドライト ③ マスク ④ 携帯トイ レ ⑤ ビニール袋
   (持ち歩く防災グッズは“水・非常食・懐中電灯”などでは無い)

2.目からウロコの防災雑学

 
 押しピンで穴をあけたキャップを持ち歩いて、災害時のペットボトルシャワーとして使用する。また、水を入れ太陽の熱で温めて湯たんぽにもなる。ビニール袋はバケツにしいて、飲み水を運ぶこともできる。等々興味深いお話しでした。

  • 災害時、公助(国・市町村の支援)は期待できない。(目からウロコ)

       自助が7割 ・・・・・・・自分・家族での準備
       地域・近隣の共助が
2割・・近所との協力、日頃の繋がりの大切さ
       公助は1割・・・・・・・・避難所など
  一人一人が、普段から防災・減災への関心や意識を高めることの大切さを教えていただき、得ることの多い 防災の月・今月の講演会となりました。



次回講話 令和 2年 10月8日 (木)

 『笑って脳トレを!』 皆さん一緒に楽しく!!

   場所:あわぎんホール4F会議室
時間:9時30分~11時30分

皆さんのご参加をお待ちしています。 

 

写真:32期 常陸  資料:35期 小川  記:31期 蔭山
 


13:35
12345