訪問者数

 ようこそ541560
公益財団法人                                                                                  
 

▶ 市町村関係

 

 
投稿情報
12345
2018/02/07new

講話「健康寿命の伸延と病的老化抑止に有効な漢方医学」

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

       講話「健康寿命の伸延と
         病的老化抑止に有効な漢方医学」

  
       開催日:平成30年2月1日(水) 10時~12

       場所:徳島県総合福祉センター  5階 ホール

       講師:東洋病院 院長 清水 寛 先生

 

平成29年8月発行の徳島市医師会報には、講師先生が長年の功績を称えられ平成29年6月2日第32回大塚敬節記念東洋医学賞を受賞された記念号。講師先生のこれまでの業績を、概要、略歴、日本東洋医学会経歴、啓蒙活動、スポーツ関係、中国関係と分類別に記載され顕彰されていました。

 

◆『東洋医学の基礎知識』 ~健康寿命の伸延を中心に~

●WHO世界保健機構の報告では世界人の80%がハーブを用いるなど伝統医学への関心高まっている
未病の人たちが増加し自己管理意識レベルが高度になるなど、漢方医学に感心を持つ人が増えた

●漢方医学の特徴とては、構成要素(気・血・水)のバランスの調整、自然治癒力の助長、心身両面に作用、西洋医学では得られない治療効果が期待できるなど多数上げられる

●漢方薬と民間薬は異なるので誤解しないこと

●漢方治療
*漢方とは・・ *中国医学の流れ *日本漢方の変遷 *未病を治す *生薬とは・・・ 
*身近な生薬 *漢方薬の種類 *漢方薬の作り方 *煎薬法 *漢方薬の剤型 *葛根湯の構成生薬 *漢方薬って? *漢方薬がよく用いられる疾患 *漢方診療の特徴 *漢方治療の診断手段 *舌の構造と臓腑の関係 *舌の形態との基礎概念 *脈診 *脈象の概説(覚えておくと良い) *腹診(難しいから省く) *漢方医学的な病態 *薬性 *気・血・水の概念(左右の脈を診る) *発病のメカニズム 

 

●七情と五臓の関係

東洋医学では七情「喜・怒・憂・悲・思・恐・驚」と五臓「心臓・肝臓・肺臓・脾臓・腎臓」の関係、
①喜びが過ぎると気が緩み過ぎ心臓に変調をきたす

②怒り過ぎると気がのぼり肝臓に変調をきたす

③憂いや悲しみが過ぎると気が消耗し、肺臓に変調をきたす

④思い悩みすぎると気が停滞し、脾臓に変調をきたす

⑤恐れが過ぎると気が下がり、驚きが過ぎると気が乱れ、腎臓に変調をきたす

と言われているそうです。

 

●漢方治療の考え方

「気・血・水」のバランスが崩れると色々な症状が出現すると考えられている。
  気は「のぼせ・動悸・不安定」などの症状

  血は「アトピー・肌のくすみ・皮膚の乾燥」などの症状

  水は「むくみ・めまい・口渇」などの症状                                      

症状によって治療方法・治療薬が変わってくるので自分がどのタイプか良く見極める。


◆健康寿命の伸延と病的老化の抑止への対策が急務!

 3大死因(がん・心疾患・脳血管疾患)+認知症

 

●運動でがんリスクが低下する理由

運動によりナチュラルキラー細胞が増加することが明らかになった。免疫細胞を活性化させたり、がん細胞を直接殺したりすることで、がんを抑制する作用を持つ。

適度な運動はカロリー消費を促進するだけでなく免疫系の観点からもメリットがあることが明らかになった。

 

●太極拳の効果

うつ病、認知症、内臓機能調整、下肢筋力増強で転倒防止や骨折の防止など、筋肉への効果・脳への効果・ストレス等免疫系への効果、バランスへの効果が期待できる

 

●長期のストレスは癌リスクが高くなる

●魚や豆類、海藻類に多く含まれるマグネシウムを多く取ると心筋梗塞のリスクが減る

●カルシウム600mgとマグネシウム300mgが一日の必要量

●アルツハイマー病の病理学的特徴

●認知症に処方される漢方薬と構成生薬

●当院での地域医療の取組

●漢方医学は身近な医療

●漢方医学と西洋医学の併用の意義

 

漢方医学については言葉も難しく医薬品名や症状など覚えきれないほど沢山のお話を頂きました。

同じ熱の有る風邪でも「熱証」と「寒証」では薬や治療方法が異なるので注意が必要だそうです。

 

本日の講演の漢方医学や漢方薬に興味を持たれた方、試してみたいと思われた方も多かったのではないでしょうか。漢方医学と共に清水先生がお奨めしたいと言われた太極拳が次回の講話となっています。実技も体験できるようですので運動のできる服装でお出かけください。

身体を動かす体験型の講話も良いものです。お楽しみに。


                   今回の参加者 210名

       %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

          次回講話  平成30年2月21日(水)

                  「健康太極拳」 

                  講師:太極とくしま会長 中西 洋恵 先生

                       皆さんのご参加をお待ちしています。

                                  写真:32期 常陸  記:29期 上窪


22:23
2018/01/23

外国人講師の講話

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

         外国人講師の講話


      開催日:平成30年1月17日(水) 10時~12時

      場所:徳島県総合福祉センター  5階 ホール

 

◆会長挨拶


平成30年度行事について検討中ですが、4月の「お花見ウオーク」は天候に大きく左右されるなど諸般の事情を鑑み中止することとしました。その代わりというのではないのですが4月5日に日帰り研修旅行「都踊り」を計画しています。

また、会場の都合や参加者の減少など、前年度踏襲型の事業計画では対応が困難な現状です。

斬新な事業計画の見直しや臨機応変な対応が必要となってきます。会員の皆様にとって魅力のある事業計画、よりよいOB会活動を進めていきたいと思いますのでご協力の程宜しくお願い致します。

と挨拶を兼ねて連絡がありました。

 

◆(1)「お母さんとおばあちゃん」
     講師:車 載貞 ( チャ ゼジョン ) 先生

 

韓国ソウル出身で徳島に来て4年になる講師先生が、祖国と日本の違いや、家族環境の違いや考え方の違いなど日本に来て感じたこと。また言葉が十分に通じない見知らぬ土地で味わった孤独感を、臨床心理学者カール・ロジャースのことば「人間の孤独」を引用され、内なる力を信じて言葉や知識を学ばれ、介護の資格をとられ体験談をお話頂きました。

 

特に介護施設で先輩から教わった介護を受ける人の「生きて来られた人生を尊重し対応して欲しい」の言葉が印象に残っているそうです。

最後に自分自身を輝かせてくれるような生きがいを持ち続けてほしいと結ばれました。

 

◆(2)外国人から見た日本の高齢者問題

     講師:Hari eko prasetyo (ハリ エコ プラティオ ) 先生


 


人前で話をするのは初めてですが、チャンスはなかなか無いので頑張りますと前置きをして、インドネシア(ジャカルタ)から来日し、看護福祉士として日和佐で勤務する二児のパパと流暢な日本語で自己紹介から始まりました。



日本とインドネシアの国土、環境、気候や人口比率など例を挙げれば切りないほどの違いがあるようです。

先生は8年前に来日、日本とインドネシアの経済連携協定(EPA)の施策の一環として、日本で介護福祉士として働くために、介護福祉士資格を取るための勉強をしたこと、現在勤務する日和佐の社会福祉法人での体験談をお話し頂きました。

 

国際化や異文化交流が叫ばれて久しく経ちますが、私達世代にはまだまだ浸透出来ていないのが現状です。

本日は徳島在住外国人講師の先生方から直にお話をお伺いし、国際交流を計る機会を得ましたことに感謝したいと思います。

               今回の参加者 132

     %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

           次回講話 平成30年2月1日(木)

           「健康寿命の伸延と病的老化抑止に有効な漢方医学」

          講師:東洋病院 院長 清水 寛 先生

                  皆さんのご参加をお待ちしています

                                写真:32期 常陸  記:29期 上窪


23:18
2018/01/11

平成30年新年互礼会

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

     徳島県シルバー大学校徳島校OB会
         平成30年新年互礼会


      日時 平成30年1月8日(月) 午前10時30分~

      場所 阿波観光ホテル 5階クリスタルパレス

 

成人の日は生憎の雨となりましたが、とくしまあいランド推進協議会理事長を兼ねておられます徳島県知事飯泉嘉門様、とくしま“あい”ランド推進協議会副理事長新田多門様、常務理事中村章人様をご来賓にお迎えして恒例の新年互礼会を開催致しました。

 

《秦康夫会長挨拶》

 

新年明けましておめでとう御座います。

皆様方も御健勝で健やかな新しい年をお迎えの事をお祝い申し上げます。

今年度の互礼会をご案内しました所、本日は90名のご参加をいただきました。

本日は大変ご公務のお忙しい中、飯泉知事様、とくしま“あい”ランド推進協議会の新田副理事長様、中村常務理事様にはご出席賜り厚く御礼申し上げますと共に、高い席からでは御座いますが本年もOB会に対しまして、さらなるご指導、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

さて、年始に当たり昨年を振り返りますと共に、今後のOB会の運営方法について少しお話をさせていただきます。

昨年総会で承認されました行事については全て順調に開催することが出来ました。

今年(29年度)の会員数は918名(7月末現在)と減少傾向となっています。

講話等の出席数も同様に減少気味です。

会員数の減少の要因は高齢化(入会時の年齢及び在籍者の高齢化)等、種々あると思いますが、今のシルバー世代の望むニーズに合ったテーマ等の行事、講話内容及び講師選び、また行事の回数、会場変更等基本的に再検討する時期になりました。

今年一年、これらの問題点を幹部役員会で充分に検討したいと思っています。

昨年の文化祭では米寿3名、喜寿27名の計30名の方々にお祝い記念品を贈呈致しました。

徳島県の平均寿命は男子80.32歳、女子86.66歳との事です。

皆様方が何時までもお元気で楽しくOB会行事に参加され、地域社会貢献活動等に取り組んで、自然豊かな徳島の環境を守り、シルバー世代が楽しく暮らせるよう様に今後も一層のご支援ご協力をお願い申し上げ、本年が皆様とご家族共々幸せで健やかな良い年になります様、ご祈念申し上げ年頭の挨拶と致します。

 

《来賓祝辞》 

 

来賓を代表して徳島県知事飯泉嘉門様から御祝辞を頂戴しました。

概要は、2年半後に迫った東京オリンピックに向けての数々の取組の中でも、開会日にあたる7月24日を「とくしま藍の日」として創設し、エンブレムに採用された阿波藍を推奨していくこと。

オリンピック開会日の7月24日は「テレワーク・デー」としてモバイルワークやサテライトオフィス勤務など国を挙げて奨励するが全国に先駆けて徳島県では既に取り組んでいること。

明治開闢以来150年続いた統治機構の改変による「消費者行政新未来創造オフィス」が県庁10階に開設されるなど7月24日が徳島県にとって大変意義深い日となったこと。

今年の干支は「戊戌(つちのえいぬ)」で、十干の「戊」に草冠をつけると「茂」になり、鬱蒼と茂った森のように先の見えていない状況ではあるが、陰陽の陽の兆しを導くためには大胆な剪定や、一新するための取捨選択が必要な年でもあるだろうこと。

人手不足を補うための介護助手や保育に携わる人材として元気な高齢者に担って頂く施策に取り組んでいる。シルバー大学校OB会の皆様にはアクティブシニアとして是非関わりを持って頂きたい。

等など県政の実績や展望、そして私達シニアに対する激励を織り交ぜて御挨拶を頂きました。

   

《愛唱歌》

参加者全員で声高らかに「1月1日」を合唱

《祝吟・祝舞》

 

24期阿部千恵子様の祝吟と、32期阿部久様の祝舞で「寒梅」をご披露いただきました。兄の久様は本年米寿、妹の千恵子様は傘寿と共に寿齢をお迎えのご兄妹の共演は、まさに新春を言祝ぐに相応しい淑気に満ちた舞と吟詠で会場は厳粛な空気に包まれました。

 

《乾杯》 


 

吉田名誉会長のご発声で祝宴の幕開けです。

 

《祝宴》

34期上田雅士研修部長と28期工藤綾子副会長のお二人の司会進行で歌に踊りにと楽しい演芸のひとときが始まり、続々と自慢の喉を披露されるなど時間の許す限りと途切れなく続いていきました。


 

クライマックスは坂東喜夫顧問の「これから音頭」です。

陽気な歌詞に誘われるようにして一人二人と踊りはじめ、舞台の上へ、そしてテーブルを囲んでと、踊りの輪は大きな渦のように広がっていきました。

 

《中締め》

 

鳴瀧顧問による一本締めは吉田名誉会長のたっての希望で三本締めに変更することに。
久々の三本締めは「~シャン・シャン・シャン」と威勢良く会場中に響き、息の合ったところでお開きとなりました。

 

今年も元気にOB会活動に参加することを約して散会となりました。

                                   写真:29期郡  記:29期上窪 


20:44
2017/12/14

映画「陽はまたのぼる」

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

            映  画   「 陽 は ま た の ぼ る 」  


       開催日:平成29年12月7日(木) 10時~12

       場所:徳島県総合福祉センター  5階 ホール

       主演:西田敏行 

 

◆ 秦会長挨拶と連絡事項

年末年始を控え何かと多忙なことと思いますが、体調管理に十分気を付けて元気に新年を迎えてくださいと挨拶の後、とくしま“あい”ランド推進協議会が募集する「徳島県シルバー大学校特別講座(平成30年2月2日)」について、また徳島県県民環境部からの「今冬の節電・省エネ対策について」、「食品ロス削減に向けたご協力について」の3件の配布文書の要約説明がありました。

「節電」「省エネ」「食品ロス」など、とくしま環境県民会議の取組に賛同して出来ることから協力していきましょうと呼びかけ、今年最後の講座である映画鑑賞に移ります。


 

◆ 映 画




VHS開発プロジェクトに携わった人たちの実話を元にした物語のため、実在の企業名や人物名などが随所に登場し、「ああそうか」、「そうだったんだ」と、納得した人や感情移入した人も多かったことでしょう。

元号が平成に変わり既に30年が来ようとしています。アナログからデジタルへと電子化が進み、どんどん進化していく生活環境の中では、VHSなど見たこともないと若者達には一笑されそうですが、シルバー世代の我々にとってはVHSの出現には眼を見張る画期的なものだったと、高度成長期の昭和という時代がリアルに活写された演出でした。

 

「修理するより壊れない物を作りたい」

「山が意味をもってそこにある。その全てをこの目で見たい。」

「踏みとどまることばかり考え、山に登ろうとも見ようともしなかった」

「夢中にさせてくれてありがとう」

「夢とは思えないが、チャンスと思う」

など、ジンと心に染みることばが続きます。

仕事や開発に取り組む姿がとても感動的に画かれていて、今は過去の産物となってしまったVHSの開発に費やした情熱は真に昭和そのものと感慨深く観賞できました。

  

開発者である主人公が早期退職した会社では、社員総出のサプライズで、「VHS」と人文字で画き主人公を感動的に送ります。クローズアップされた人文字は共に開発に取り組んできた仲間達の絆の深さを強調して終了となりました。


                                             今回の参加者 200名

        %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

                   次回講話  平成30年1月17日(水)

                                        「外国人から見た日本の高齢者問題」 

                                        講師:
                                         ①車載貞 先生 (韓国出身)

                                     ②ニプツ アユ コモラワティ 先生(インドネシア出身)

                                     ③hari eko prasetyo 先生(インドネシア出身)

                                                 皆さんのご参加をお待ちしています

                                               写真:32期 常陸  記:29期 上窪


22:26
2017/11/30

平成29年度文化祭

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1
           平成29年度徳島県シルバー大学校
            徳島校OB会文化祭        
 
                                                                                                                                                                                                                         

     

          開催日:平成29年11月28日(火) 午前10時~午後4時

          会場: あわぎんホール 大ホール

 

徳島県シルバー大学校徳島校OB会の平成29年度長寿祝賀式・芸能祭・作品展が盛大に開催され会員334名が集いました。

《 長寿祝賀式典 》

○総合司会 上窪 副会長

○開式のことば 脇川 副会長

○会長挨拶 秦 会長 
 

 

しぶりに秋らしい好天に恵まれて、29年度文化祭を開催出来ますことをお歓び申し上げます

午前中の長寿祝賀式は、めでたく米寿・喜寿を迎えられました皆様のご長寿をお祝いし、末永いご健康を願い、そしてこのOB会の発展の為に多大な尽力をくださいますことに対し、改めて感謝の意を表する会でございます。

今年、米寿及び喜寿を迎えられたこと心からお慶び申し上げます。

皆様方は、戦後70余年、衣食住共に不自由な時期を生き抜き、戦後の復興を成し遂げられ退職を機にやっと自由な時間が取れるようになったのではないかと拝察いたします。

これからも、喜寿の方は米寿・米寿の方は白寿を目標に、末永く健康でシルバー世代を共に楽しみ、楽しい日々を送ってくださり、豊かな経験と知識でご指導くださるようお願い申し上げます。

午後からは会員皆様がこの日のために猛練習された芸能発表も盛大に演じられます。

また、2階特別展示室では会員有志の力作が展示されております。

晩秋の一日をゆっくりと共に楽しみましょう。
と、壇上の長寿者の皆様へ丁重なるお祝いの詞、そして客席の会員に日頃の感謝の気持ちを述べられました。

 

○米寿祝 受賞者=3名

12期森本夏子様・16期武市睦子様・19期濱田千代子様

川原副会長が米寿の御芳名を読み上げ、秦会長からお一人おひとりに長寿祝状と祝品を贈呈。

 

○喜寿祝 受賞者=27

続いて喜寿を迎えられた27名の御芳名披露のあと、代表の22期桒内博様に秦会長から長寿祝状と祝品が贈られました。

 

○長寿者代表の謝辞

 私、これまで長生きをしても、あまり良いことは無いと思っておりました。しかし、本日、このように盛大な祝典を開催して頂き、大勢の仲間の皆様から祝福をいただき、嬉しさで胸が一杯です。今後は「長生きをすれば良いことがある」と考えを変えたいと思います。

 私たちの過去を振り返りますと、第二次世界大戦、長年続いた食糧難、南海地震、高度成長期と波乱万丈の時代であったと思います。

 これから先は、これらの豊富な経験をもとに、若い世代の人達に「戦争は絶対にやってはいけない」、「南海地震のような大災害には万全の備えが必要である」と、胸を張って言える時代の語り部として、世の中の役に立ちたいと思いますし、 これから先は「健康で長生きをすること」が唯一、国や家族のためになるのだと信じて、次のステップの百歳に向かって邁進努力することをお誓い申し上げ、簡単楚辞でございますが、お礼の挨拶とさせていただきます。 本日は誠に有難うございました。

と、米寿・喜寿の皆様を代表して28期脇川弘様からお礼の御挨拶を頂きました。

 

○閉式のことば・・・・工藤 副会長
○記念写真撮影

 

《 祝賀行事 》

祝舞「序の舞・恋歌」を27期小山竹美様

祝舞「せきぞろ(小松島民踊)」を20期倉崎節子様・29期天野敏子様

祝舞「華姿舞(かふうのまい)」を32期仁義幸代様

   

 




○昼食(各自自由)休憩 

 

《 芸能発表会 》

一部は31期仁義幸代文書部員の司会により、大分県民踊「けんちゃん 節」に始まり、奇しくも本日が77歳の誕生日の28期新見明男さんのカラオケ、踊りや社交ダンス、フラダンスと盛り沢山に進みます。

 
 
 


引き続き、二部は36期上田雅士研修部長の司会で社交ダンス・混声二部合唱・カラオケ・民踊など多彩な演し物が続き、クライマックスは吉田公欣名誉会長率いる阿波踊りです。

日頃の練習成果を発揮した鉦や太鼓三味線といった鳴り物の迫力も凄いものでしたが、踊りのフォーメーション見事さにただただ見とれるばかりでした。


 

《 お楽しみ抽選会 》

5等30本の抽選から始まり、4等15本、3等8本、2等4本、1等2本、特等1本の抽選はドキドキ、ワクワクと会場の熱い視線を集めて行われ合計60本の抽選が終わる。

 

《 作品展 》

 
  



  


水彩画・水墨画・洋画あわせて7点、写真13点、書道1点、絵手紙クラブ(28名☓2)、絵手紙2点、木彫・手芸・ちぎり絵・和紙ちぎり絵・陶芸・キルトバックなど合わせて21点、生花2点の合計47点の展示作品はプロ顔負けの力作で、どの作品も見応えのあるものばかりでした。

訪れた241名の来場者のため息や賞讃の言葉で溢れ、作品の前で長く立ち止まったり、カメラに収めたりと、一日という展示期間を惜しまれていました。

                                         写真:32期常陸 記:29期上


23:14
12345