訪問者数

 ようこそ577559
公益財団法人                                                                                  
 

▶ 市町村関係

 

 
投稿情報 >> 記事詳細

2017/11/13

京都御所他日帰り研修旅行

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

    京都御所・名園見学・東山・日帰り研修旅行
              研修日:平成29年11月10(金)

◆行程

徳島駅前(7:30)==とくとくターミナル(7:50)==鳴門IC==淡路SA==桂川PA==京都南IC==京都御所一般見学==お宿石長(木戸孝允ゆかりの宿で食事)==平安神宮神苑==東山ドライブウエイ経由==将軍塚青龍殿(京都市内一望)==阪神高速山科IC==淡路SA==鳴門IC==とくとくターミナル(18:50)==徳島駅前(19:20)

 

徳島駅前のバス乗車場所がサンルートホテル前に急遽変更なったことや、乗車場所(徳島駅前かとくとくターミナルか)の確認に少し時間を取りましたが、参加者116名(バス3台)で予定通りに出発しました。

 

◆京都御所一般見学

年2回、春と秋に抽選による京都御所の見学も、平成28年7月から通年公開となり複雑な申込手続き等がなくなったため日帰り研修に組み込むことができました。

手荷物検査を受け、職員の指示や見学順路の標識に従っての見学です。

 

回廊や春興殿など一部の施設が補修工事のため白いテントで被われて見学することができませんでしたが、古人の英知の結晶のような粋を凝らした建造物や贅を尽くした庭園など玉砂利を踏む音に包まれながら御所内を巡りました。


参内した公家や将軍の使者の控えの間である諸大夫の間は身分の違いで虎の間、鶴の間、桜の間と分かれていて、「虎図」、「鶴図」、「桜図」と見事な襖絵や畳の縁の違いなども興味深く見学しました。

 

◆お宿いしちょう(木戸孝允ゆかりの宿で食事)

鴨川沿いの木戸屋敷跡に建てられた「石長本館松菊園」は木戸孝允(桂小五郎)の雅号である松菊に因んで命名されたとのことです。号車毎分かれて準備された京料理を美味しく頂きました。


 

◆平安神宮神苑

平成27年秋の日帰り研修で平安神宮を参拝しましたが、神苑見学は希望者のみだったため今回は全員でのお庭拝見です。

明治時代を代表する日本庭園である広大な池泉回遊式庭園を一巡し豊かな時間を満喫しました。

 
 

◆将軍塚青龍殿(京都市内一望)

平成26年10月、東山山頂天台宗青蓮院門跡に建立された大護摩堂「青龍殿」の奥殿に安置された国宝「青不動」はご身体の色(青黒)から名付けられた日本三大不動尊のひとつだとか。

将軍塚庭園や、京都市内を一望できる大舞台など新名所としての見どころが沢山ありました。

 

 

京都の秋を堪能し、全員無事徳島駅前に帰着。

三三五五、家路を急ぐ姿が深秋の夜景の中に溶け込んで行きました

                                   写真・記:29期上窪


22:07