訪問者数

 ようこそ583905
公益財団法人                                                                                  
 

▶ 市町村関係

 

 
投稿情報 >> 記事詳細

2018/03/18

講話「みつこ羽衣体操(貯筋を忘れず)」

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

     講話『貯筋を忘れず さまざまな運動にチャレンジしょう!』

 

                開催日:平成30年3月14日(水) 10時~12

                場所:徳島県総合福祉センター  5階 ホール

                講師:健康運動指導士・高齢者体力つくり支援士・ADL対応高齢者体操指導者

                  (有)リラックス みつ子「羽衣体操」 武市美津子 先生

 

 


トレーニング原則

トレーニングは体力を高めるために行う。それぞれの体力要素を高めるための方法としては

1過負荷またはオーバーロードの原則⇒普段の負荷では体力が増加しない

2漸進性(ぜんしんせい)の原則⇒負荷量は段階的に増加する

3反復性の原則⇒継続的に行う

4特異性の原則⇒目的にあったトレーニングしか効果は期待できない

5自覚性の原則⇒目的を理解して行う

6個別性の原則⇒年齢・性別・運動歴などの考慮が必要

7全面性の原則⇒全ての要素を高めるトレーニングを実施する

 

◆筋力とは

筋収縮によって発生する張力。

筋の断面積に比例し活動する線維の数に関係する。

瞬間的または一時的な張力を意味し、時間的要素は含まない。

 

◆筋持久力とは

比較的長時間にわたり筋が仕事する能力のこと。

筋の血液循環と供給されるエネルギー源の量に関係し筋の太さには比例しない。

持久訓練を行う筋では毛細血管の数の増加が見られる。

人間の体の順応性は4~8週間。

おそくとも2ヶ月程度で運動負荷の見直しが必要。

 

◆運動をするときの注意

1無理をしない。痛みの伴う芳香への関節は動かさない

2体調の悪いときは運動をしない

3ウオーミングアップやクーリングダウンをしっかりする

4慢性の疾患等のある人は医師に相談をする

5水分補給を充分にとる(タイミング・内容・自分にあったもの)

 

◆貯筋が大切なのは

赤い色の遅筋マグロー疲れにくい持久力がある

白い色の速筋ブレーキ機能を持つ疲れやすい

中間金 ピンクの色

 

◆筋肉の働きと組織

骨格筋⇒骨格を動かす筋肉全身の40%横紋筋・随意筋・中枢神経に支配され糖代謝【グルット4が運んでくれる】

平滑筋⇒内臓・不随筋・消化器・泌尿器の壁となっている筋肉血管の壁

心筋⇒心臓にだけある筋肉・各部屋の壁・不随意筋 

 

◆貯筋のテーマ

「線路は続くよ」のメロディーで

♪ みんなで伸ばそう 健康寿命 使えばなくなる お金の貯金♪

~拳を上げて合いの手「そうだ!そうだ!」~

♪使って貯めよう 筋肉貯筋 老後に備えて 貯金と貯筋♪

~合いの手「そうだ! そうだ!」~

と楽しく唄うのもアンチエイジングのトレーニングのひとつだそうです。

 

◆後半は軽快な音楽に合わせての体操

懐かしい曲に乗って、二人一組でのホークダンスに似た体操や、椅子を使った運動です。

壇上で先生のお相手を努めるのは上田研修部長。

柔軟な動きで右へ左へと軽やかなステップを踏んだり、ターンをしたりと頑張りました。

 


本日の講話の中でも、一番印象に残ったのがラジオ体操第一ではないでしょうか。

「ほな ぼちぼち やりまひょか」の掛け声ではじまり、

「ちゃんと腕回してや」の合いの手や、

「一二三四、深呼吸でお終いやから 気ぬかんと 最後まで ガンバッテや」と続く。

そして、「ああ~おもろうかった また やりま ひょな 」で終わる。

こんな伴奏があったのかと、クスクス、ゲラゲラ、笑い続けてのラジオ体操でした。

 

無理なく運動できる「みつこ羽衣体操」に楽しかった余韻を残して終了となりました。

 

今回の参加者 227名

                      %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

次回講話  平成30年4月17日(火)

『安心していきるために~老いと人権』 

講師:認知症と家族の会 徳島県支部

支部代表 大 下 直 樹 先生

                   皆さんのご参加をお待ちしています。

                                 写真:32期 常陸  記:29期 上窪


21:04