訪問者数

 ようこそ645211
公益財団法人                                                                                  
 

▶ 市町村関係

 

 
投稿情報 >> 記事詳細

2018/07/23

国指定重要文化財「豊稔池堰堤」日帰り研修旅行

Tweet ThisSend to Facebook | by OB会1

国指定重要文化財豊稔池堰提、丸亀城、善通寺
日帰り研修旅行

研修日:平成30年 7月19日(木)
◆行程

  徳島駅前 = とくとくターミナル = 鳴門IC = 府中湖PA

   730出発             750

           (国指定重要文化財)

   大野原IC =「豊稔池堰提」=大野原IC =善通寺IC =  善通寺参拝

         10001030               11151200

   中津万象園(食事見学) =丸亀うちわミュージアム = 丸亀城 = 坂出IC

   12201400       14101430      14401540

   鳴門IC = とくとくターミナル =    徳島駅前

         1710           1740(予定)

 
 7月19日、猛暑の中、徳島駅を出発したOB会々員86名はとくとくターミナル経由で

高速高松道を通り大野原ICまで直行し豊稔池ダムを見学して、再び高速道に入り善通寺IC

を降りると善通寺参りをし、昼食の中津万象園では美術館での絵画の鑑賞と庭園巡り、近く

の丸亀うちわミュージアムで丸亀特産うちわの手作り行程を見学した。研修旅行の最終は丸

亀城を現地のガイドの説明で天守閣まで登り市内を一望し、全員晴れ晴れした気持ちで帰途

についた.

 

   ◆見学コース

 国指定重要文化財「豊年池堰堤」

豊年池ダム

 大正15年に建設されたダム。日本最古の石積式マルチプールアーチダム。2006年に国の重要文化財に指定された。永い年月の風雨にさらされ、中世ヨーロッパの古城を思わされる風格がある。

中津万象園の「大笠松」1本の松です

中津万象園

 丸亀美術館と日本式庭園とからなっている。19世紀フランス画を常設展示。ミレー・ルソー・クールベなどの巨匠の絵画を展示。京極二代目藩主高豊候により丸亀藩中津別館として築庭された。

善通寺の「五重塔」

善通寺

 四国75番札所で、ご本尊は薬師如来です。真言宗の総本山で弘法大師誕生の地としても知られています。弘法大師の三大霊跡(高野山・東寺・善通寺)のひとつです。




丸亀城の全景

丸亀城

 

 江戸時代またはそれ以前の木造天守が現存する全国12の城のひとつ。「石の城」と称される理由は、その石垣4段に積み上げた江戸時代の職人技に訪れた人は目を見張るからである。

                                              

炎天下で熱中症が心配されたツアーであったが、参加者全員和気藹々の有意義な研修旅行であった。


         

 写真、記28期 脇川

 


15:18 | 研修旅行